紀州の恵み【お酒】 金箔入り梅酒「HAMADA」 株式会社濱田

株式会社濱田

限定畑の「一処仕込み」梅酒、ハイクオリティーな大人の味

金箔入り梅酒「HAMADA」
  • 金箔入り梅酒「HAMADA」
  • 参考小売価格(税抜)¥3,800
  • ●750ml
  • ●賞味期間:なし 常温/送料別
  • ●JANコード:4936489002005
  • プレミア和歌山

ブランドストーリー

江戸の昔からつづく梅の郷、石神。恵まれた気候風土への感謝を忘れることなく、「土つくりからお手元まで」という思いを胸に、私たちは今日も梅干と向き合っています。石神地区で梅の栽培が始まったのは江戸時代。日照時間の長さ、気温の寒暖差、水はけの良さ、多くのミネラルを含む黒潮の風、それを受け止める標高4百メートルの大蛇峰と、良い梅を生み、育てるための条件が揃っていました。まさに、梅に愛される土地。自然の恩恵だけに頼ることなく私たちもまた梅を愛する者として日々精進してまいります。

世界農業遺産

養分に乏しく礫質で崩れやすい斜面を活用して薪炭林を残しつつ梅林を配置し、400年にわたり高品質な梅を持続的に生産してきた農業システムです。人々は、里山の斜面を梅林として利用し、その周辺に薪炭林を残すことで水源涵養や崩落防止等の機能をまたせ、薪炭林に住む二ホンミツバチを利用した梅の受粉、長い梅栽培の歴史の中で培われた遺伝子資源、薪炭林のウバメガシを活用した製炭など地域の資源を有効に活用して梅を中心とした農業を行い生活を支えてきました。

また、人々のそうした活動は生物多様性、独特の景観、農文化を育んできました。それらが認められ、平成27年12月15日イタリア・ローマにて「みなべ・田辺の梅システム」が世界農業遺産に認定されました。当農園のある石神地区は世界農業遺産認定の地とされ、中心地となっております。

香壌栽培

梅づくりを根っこから考え、たどりついた「香壌栽培」。石神の地に宿る自然の力を今以上に引き出すことで、梅干しをもっとおいしくより安心して召し上がっていただける品にできないか。そうした想いから「香壌栽培」はスタートしました。もとより、石神地区には日照時間の長さや気温の寒暖差、水はけの良い土壌など地の利がありました。さらに多くのミネラルを含む黒潮の風、それを受け止める標高400mの大蛇峰と良い梅を生み、育てるための好条件が揃っていたのです。

その力を存分に活かすために達したのは、農薬を半分以下に抑え、化学肥料・除草剤は一切使用しない栽培方法でした。これらの取り組みは和歌山県が認定する基準も満たし特別栽培農産物の認定を受けています。

金箔入り梅酒「HAMADA」

グラスに注いだ瞬間から感じる、格調高い薫り。口に触れると魅力的な味わいがゆったりと広がっていく。最高峰の梅酒「HAMADA」と過ごすひとときはまさに至福。梅づくりを根っこから考えた「香壌栽培」の完熟南高梅を使用し、じつに3年物歳月をかけて熟成させた原酒は、激しい寒暖差のおかげでより深い味わいに。その中を金箔がたゆたい、贅沢な彩りをきらめかせます。

750ml / 13度 / リキュール
2008年~2012年モンドセレクション最高金賞受賞

生産者 濱田洋

梅酒「HAMADA」に使用する梅は完熟南高梅。枝からもぎとるのではなく、黄色く完熟になり自然に落下したものだけを、毎日、人の手で拾うため収穫期には地面に網を敷き詰めて果実を受け止めています。収穫した梅はその日の内に漬込みへ。青梅には少ない桃のような香りがタンク内に立ち込めます。その後、寒暖の差を利用し、3年間じっくり熟成させ、ボトリング。自慢の梅酒です。