紀州の恵み【加工食品】 高野山特産 ごま豆腐詰合せ 株式会社大覚総本舗

株式会社大覚総本舗

高野山精進料理、手間ひまかけた伝統をご家庭で

高野山特産 ごま豆腐詰合せ
  • 高野山特産 ごま豆腐詰合せ
  • 参考小売価格(税抜)¥3,000
  • ●ごま豆腐120g×6、ゆず入ごま豆腐130g×6、液体調味料5g×6、みそたれ10g×6入
  • ●賞味期間:90日 常温/送料別

高野山で育った「大覚総本舗の作るごま豆腐」

紀伊半島のほぼ中央に位置する高野山。海抜約1000メートル、深い森に覆われたこの地は、今からおよそ1200年前に、弘法大師・空海が真言密教僧の修行の場として開山した、日本宗教界屈指の霊場である。この高野山で、修行僧の滋養食として珍重され、大切に育まれてきた伝統食が、高野山ごま豆腐。ごま豆腐は、高野山の精進料理に欠かすことのできない一品で、今でも、宿坊に泊まれば必ずお膳に並びます。長い間、お寺だけで作り続けられてきましたが、明治になって初めて在家でも作ることが許され、専門店が生まれました。かつらぎ町に本社工場を置く大覚総本舗の作るごま豆腐は、高野山で生まれ、高野山で育った日本の誇る伝統食品です。

弊社のごま豆腐は、厳選された胡麻を一粒一粒すり潰し、挽いて丹念に搾る事で胡麻のエキスだけを抽出する製法で作られているので、なめらかで癖が無く、真っ白なごま豆腐に仕上がっています。手間のかかる作業の為、通常のごま豆腐の製造ではほとんど行われていない裏ごし作業ですが、このごま豆腐ならではの美味しさを生み出す為には欠かす事の出来ない工程です。弊社のごま豆腐は貴重な吉野で精製された本葛を使用。本葛は日本では6社しか精製されていない大変貴重なもので生産量も年間でわずか500tぐらいしか精製されていないといわれております。また原料の胡麻は高級胡麻を使用。

ごま豆腐の市場の中でも、胡麻を粒の状態からすり潰す製法を採用しているごま豆腐はわずか5%程度と言われています。その僅かな本物の中でもここまで白く滑らかな舌触りと、香ばしく嫌みのない風味をもったごま豆腐は他にはありません。ごま豆腐の発祥の地、高野山の特産品として大覚総本舗ごま豆腐があり、昔から参拝者のお土産品として販売されています。全国推奨観光土産品の推薦を受けています。